栃木県佐野市の建築設計事務所です。/シンプル住宅と店舗等の設計・監理を行っています。/栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都の関東地方を中心に活動している建築設計事務所。/本日の気になる1枚


by hs-architect

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

事務所設計オリジナル階段08

c0148401_17501415.jpg


HOUSE-NT(栃木県佐野市)のラセン階段です。

蹴込み・踏面ともエキスパンドメタルを張ったシースルーな階段です。
リビングの中央に設置しているので通常の階段では圧迫感がでてきます。

そこで、シンプルで透明な階段を提案いたしました。

直線階段ならばエキスパンドメタルの折曲げ面が
網目にそろうのでディテールは比較的簡単ですが、
今回はラセン階段なのでエキスパンドメタルの折曲げ面が
網目に斜めになってしまいます。

階段の踏面外周部にはエキスパンドメタルの小口がでてしまうので
保護と補強のためエッジアングルを考えましたが見付けが厚くなってしまうのと、
アングルを円弧状に加工できない問題がでてきました。

そこで円弧状にレーザー加工した保護プレートを取付け強度を確認することに。

一見すると踏板の外周部は厚さがほとんどなく、これで大丈夫なの・・・?と
思われますが、意外にも荷重をかけてみましたが撓みや揺れもなく、
しっかりした踏板になりました。

エッジプレートのおかげでシンプルな階段ができました。


HOUSE-NTはこちら。
by hs-architect | 2010-08-30 17:55 | 階段

事務所設計オリジナル階段07

c0148401_8355952.jpg


HOUSE-TT(茨城県守谷市)の浮遊する階段です。
鉄骨FB・アングルとFRPグレーチングで構成したシースルーの階段です。

敷地の3方向が隣家に囲われているのでプライバシー確保のため
1階通り庭の採光は階段上部からシースルーの踏板を通して導きます。

通常の階段では上部の光を遮ってしまいますが、
このFRPグレーチングの踏板はルーバー状態のほどよい光を得ることができます。

また、素足で昇降すると足裏を刺激され
健康器具のようなマッサージ効果がでてきます。

初めのうちはちょっと痛いような気がしますが
慣れてくればなかなか快適になります。

ツボマッサージはいやだなぁと思っている方は
スリッパを使っていただければ問題ありません。


HOUSE-TTはこちら。
by hs-architect | 2010-08-29 15:38 | 階段

事務所設計オリジナル階段06

c0148401_8584234.jpg


HOUSE-IMT(群馬県館林市)の階段廻りです。
1階天井の化粧ラーチ合板と段板の木目を合わせた家具のような繊細な階段です。

蹴込板がなく踏板だけのシンプルな構造なので、
踊り場の黒い壁面が段板を通して見えてきます。

黒い壁面は段板の木目を際立たせ空間のアクセントになっており、
階段脇の白い壁面の上昇感を感じさせます。

ササラ桁は壁面内に納めているので踏板が壁面から浮遊しているように見えます。
通常のササラ桁露出で納める方法では
この家具感覚のような繊細さは表現することはできません。

ササラ桁が見えないことで階段の圧迫感が少なく空間が広く感じられます。



HOUSE-IMTはこちら。
by hs-architect | 2010-08-26 08:55 | 階段

事務所設計オリジナル階段05

c0148401_18241439.jpg


HOUSE-TK(栃木県野木町)のアトリエから2階リビングへ上る階段です。

鉄筋でトラスを構成し、その上に集成材の踏板を載せています。
フレキシブルボード張りの壁面にオブジェのような階段のシルエットが浮かびます。

鉄筋を溶接加工してトラスに組んでいきますが、
溶接する際に鉄筋が歪んでしまうので製作は難しいのです。

腕の良い鍛冶屋さんが必要です。

手摺は階段と切り離し壁面に設置しているので、
トラス階段の存在感が際立っています。

(改正建築基準法施行前の竣工なので手摺を室側に付けていません。)

アトリエは吹抜けになっており、
上部のハイサイドライトから明るい光が落ちてきます。



HOUSE-TKはこちら。
by hs-architect | 2010-08-25 08:45 | 階段

事務所設計オリジナル階段04

c0148401_18162317.jpg


HOUSE-TMA(栃木県足利市)の玄関ホールのラセン階段です。

中央のスティール円柱と踏板を支えるトラス状の鉄筋、
集成材の踏板で構成したラセン階段です。

これ以上単純にならないほど最小の部材で構成したシンプルな階段です。
円柱と手摺のサイズを決定するには階段幅との比率関係・バランスで検討を行います。

太ければ丈夫だろうということで単純に部材サイズを大きくするようでは
階段幅が狭く感じられたり重々しく見えます。

既製品のラセン階段もありますが部材のバランス・デザインまでは
考慮していないものがほとんどですね。

空間とは微妙なもので、このような階段のディテールをどう考えるかで
空間の質は大きく変化してきます。



HOUSE-TMAはこちら。
by hs-architect | 2010-08-24 08:34 | 階段

事務所設計オリジナル階段03

c0148401_905372.jpg


HOUSE-TS(栃木県鹿沼市)の階段ホール廻りです。
通り庭風の土間空間にスティールとFRPグレーチングで構成した階段を設けています。

階段脇には那智石を敷き詰めた坪庭を設け、
室内への採光・通風を確保しています。

階段はスチールのササラ桁でFRPグレーチングの踏板を支えているので、
木製のササラ桁に比べて細くシンプルな階段になります。
空間を広く感じさせるには部材を細くすることがポイントになってきます。

手摺はスチールパイプとFB+鉄筋で構成しました。
階段の搬入・取付けを考慮して、手摺は階段本体とは切り離し
ボルトで後付けにしています。



HOUSE-TSはこちら。
by hs-architect | 2010-08-23 09:18 | 階段

事務所設計オリジナル階段02

c0148401_920194.jpg


HOUSE-KK(栃木県宇都宮市)の格子状になった木製階段です。
細い縦格子のあいだに踏板をはめ込んだ構造です。

単純な構造ですが踏板を固定するのが難しい。
金物で固定すれば簡単でしょうが目立ってしまいます。
ササラ桁を用いれば実用的には簡単にできますが、
斜めラインと縦格子が干渉してしまいデザイン的には失敗するでしょう。

そこで、縦格子に仕口をつくり踏板を差し込みました。
縦格子と踏板がきっちり組み合わさって強度がでてきます。

大工さんが「この階段は難しいね・・・。
部材間の逃げがないから数mmの誤差もだせないねぇ。
・・・でも久しぶりにおもしろい仕事だなぁ・・・。」

この階段は大工さんにおもいっきり腕をふるってもらいました。



HOUSE-KKはこちら。
by hs-architect | 2010-08-20 15:00 | 階段

事務所設計オリジナル階段01

c0148401_9205861.jpg


HOUSE-HHS(栃木県佐野市)のラセン階段です。
2階から1階を見下ろしたところです。

この階段は蹴込み・踏面ともエキスパンドメタルで
仕上げているのでシースルーの状態になります。

慣れないとちょっと怖いかもしれませんが
数回昇降すればその面白さがわかるはずです。

空中を歩いているかのような不思議な感覚です。
エキスパンドメタルがクッションのような弾力を持ち、
普通の階段のハードな感触とは違います。

ラセン階段を構成するパーツはできるだけ細身の丸鋼・アングル・FBを使用し
既製品のような重量感のあるうっとうしさを感じさせないようにしています。



HOUSE-HHSはこちら。
by hs-architect | 2010-08-17 16:43 | 階段

事務所設計オリジナルキッチン10

c0148401_9263836.jpg


HOUSE-TH(茨城県つくば市)のダイニンク゛キッチンです。
屋根勾配を利用した大きなハイサイドライトからの採光はキッチン廻りを明るくしています。

キッチンはシステムキッチン(ホワイト)を採用していますが、
内壁色に合わせているのでデザイン的な違和感がありません。

ダイニングテーブルと収納は家具造作工事で制作しています。
この奥行900mmの収納はダイニンク゛側とキッチン側に分割させて、
ダイニンク゛側はグリッドに組み上げて小物入れ収納とし、
キッチン側は今まで使用していたキッチンラックを置いています。

ハイサイドライトはアルミサッシを使用していますが、
ディテールを工夫することでアルミ枠を隠し
すっきりしたガラスだけが見える納まりにしています。

このような仕掛けはメーカーハウスさんや工務店さんではたぶん無理かも・・・。



HOUSE-THはこちら。
by hs-architect | 2010-08-16 18:57 | オリジナルキッチン

事務所設計オリジナルキッチン09

c0148401_10431433.jpg

c0148401_10432579.jpg


HOUSE-IH(栃木県宇都宮)のキッチン廻りです。
キッチンシンクとカウンターテーブルを一体化したオープンキッチンです。

システムキッチンの天板で唯一ステンレスHL仕上げのある
トーヨーキッチンの3Dシンクを採用しています。

カウンターは家具工事制作のホワイトメラミン化粧合板、
壁面収納はツインカーボァ6(乳半)とポリ合板フラッシュ扉で構成しました。

ツインカーボ扉内は食器類と冷蔵庫、左側収納にはピアノが納まっています。

日常はピアノが隠されていますが、ホームコンサート時には
フリータイプ折戸が全開してピアノが現れる仕掛けです。


HOUSE-IHはこちら。
by hs-architect | 2010-08-05 10:47 | オリジナルキッチン

最新WORKS

カテゴリ

全体
住宅
風景
建築
現場進捗
ディテール
オリジナルキッチン
階段
快適空間
道具
シンボルツリー
事務所
PCメンテナンス
グルメ
旅行

ベンチ
街角にて
造作収納
猛禽・鳥
その他
未分類

お気に入りブログ

野鳥観察独り旅
パシャパシャパシャ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
経営・ビジネス

画像一覧